FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物という存在

c71

僕は、何を隠そう、小さい頃からの、猫オタです。理由はわかりません。小さい頃、うちの実家には、犬も猫もいました。が、断然猫をかわいがっていました。

猫って死ぬ姿を人に見せないって言うじゃないですか。例外にもれず、うちで飼っていた歴代のアカトラもいつのまにかいなくなり、帰ってこないという死に方でした。あるとき、3匹目くらいのアカトラが、裏の垣根のところで、息絶えているのをみつけ、死後硬直で硬くなっている亡がらを抱きかかえて帰りました。当然母親には叱られましたよ。でもあんなところに放っておくことはできなかったんです。どうしてもつれて帰りたかった…
心残りなのは、引越しをする寸前まで、猫を飼っていたんですが、その最後の猫を、新居に連れて行くのはだめと、母親に言われ、元々すんでいた家に置き去りにしたんです。昼間はそこが両親の仕事場ですから、人がいて、餌もあげるんですが、運悪く夜に、もし帰ってきても誰もいないから、寂しかったんでしょうね。いつのまにかいなくなってしまいました。このことを今でも気にかけています。本当にかわいそうなことをしました。人間のエゴで、弱い立場の動物はいつも、被害をうけています。

サル山のサルもそうですし、熊も同じ。それから心無い人たちが捨てる、ペット達もそうです。責任もてないなら飼うなといいたい。犬種には流行がありますよね。今はチワワですか。でもその流行が過ぎ去り、次の犬種が流行ると、その流行らなくなった犬を捨て、新しい子犬を買うひとがたくさんいるようです。モノじゃないんだからさ…なにも感じないんでしょうか?不思議でなりません。

本当に好き勝手なことを今まで人間はしてきた。環境に対してもそうです。そのツケをもうすぐ払わされるときがきますよ。それもかなり近い将来だと思います。ものごとはすべて「自分の与えたものは、自分に帰ってくる」という法則に基づいていますから…



犬は知的にしつける










クリックお願いいたします

   ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

menmasensei

Author:menmasensei
日々の気づき、戯言、バイク、車、うちの愚猫共のネタや、自身の精神世界観を加え、更新していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。