FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク乗りのファッション

 バイク乗りとしてのファッションは、なぜかかっこいいものが少ない。パッドを入れたり、機能を充実していけばシルエットや素材が制限されてきてしまいますが…もう少しなんとかならないものか…基本的にジャケットやカットソーはグラフィックが中心ですが、配色や素材でデザインを考えるとか…

 要するに、かっこ悪いんですよ。そりゃあ実用性、安全面から考えれば、ずっと優れているものもありますよ。でも…ファッション感覚は、僕から言わせれば、ゼロに近いです。結構最近はドラスタ2輪館行ったりした時に、ウェアーを気紛れで覗いたりするんです。昔に比べると、その辺を、少し変えないとマズイという感覚が、ウェアーを作ってる側にも、お店のバイヤーにもあるのかもしれませんが、少しマシにはなってますよ。でもこれをデザインしている人たちは、このウェアーをバイクから降りて、街中を歩くシチュエーションを、本当に考えているんでしょうか?って思いたくなるような、デザインです。あえてブランド名は出しませんが、意味不明のばかでかい英字のロゴ入りジャケ。ここらへんのメーカーさんは、こういうジャケを購入している年齢層や客層を真剣に、リサーチしたほうがいいと思います。

 少なくとも、ビグスクやトラッカーを足にしているような若者層はまず買ってないと思います。(だからといって彼らがオサレさんと言ってる訳ではありませんが)恐らく彼らは、こういうものは、自分たちとは別世界の、いわゆる本気系の、バイク乗りが着るものという感覚で見ていると思います。じゃいったい誰が買うのか?僕が思うに、年齢層は高めですね。しかもツーリング主体で、バイクをエンジョイしている人たちではないでしょうか。早い話が、元々ファッションに関心が薄い客層です。

 昔、空前のアメカジブームが到来したとき、ハーレーは憧れの象徴みたいな存在でした。なんせ大型免許ですら、一発検定しかない時代です。ハーレーも高いけど、その前に免許というハードルもあり、更にその存在は、遠いものでした。ですから当時20歳そこそこで、愛車がハーレーです、なんて言ってた奴の大半は無免(中免ライダー)という噂も聞きました。
 あの当時、どうして皆ハーレー至上主義になったかというと、思いっきりファッションの流れとリンクしていたんですね。つまり、猫も杓子も、ライダースをはおり(VANSON、SCHOTT、LANGRITZ、AEROLEATHER等)、ボトムスはヴィンテージデニム、足元はエンジニアーブーツというのが定番でしたから、当然バイクはUSAの雄ハーレーになってくるんです。殆どの中免ライダーは、国産中型アメリカンに乗っていましたから。ファッションの流れとバイクがマッチしていましたね。

 ではイマドキの若者はどうして、ビグスクなのかというと、ファッションは多様化していますので、着るものとバイクは別物なんですね。そうなってくると、一番実用的な、当たり障りの無い外観のスクーターを選ぶのはごく自然な流れです。
だってスクーターって一度乗りなれてしまうとあんな楽な乗り物ないんですよ。見た目の形さえ気にしなければ、悪魔的な楽チンさです。バイクに対する思い入れはないんです。日常のアシとして一番手軽に、ファッションのジャンルも選ばないスクーターになってしまうわけです。

 では前述のバイクウェアーメーカーが、どういう路線を狙うかというと、こういうバイクに乗ってる子達の中で、ファッションに疎い子達をターゲットに、これなら街着としてもOKかなという隙間を狙うんですよ。当然価格設定も低めです。やってやれないことではないと思うんですよ。僕自身が一番感じたのは、レインウェアーですね。どれもかっこ悪い。仕方なく殆ど無地に近いジミなものを買いましたけど…

 なんかエラソーですが、もう少しトレンドを意識したウェアーをつくるバイクウェアメーカーがあればなあ




リサイクルは宅配買取サービスNO.1のネットオフ











クリックお願いいたします

   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

美恵子夫人

200506140832000_thumb
かつてワイドショーに欠かせない存在の若貴兄弟でしたが、皆様あれをみていて色々なご意見をお持ちのことと思います。

そんなことはさておき今日は元横綱、若の花夫人の、ファッションについて書きたいと思います。どんなシチュエーションかはわかりませんが、ある日いつものように報道陣に取り囲まれて、マイクを突き出されたときのスタイルが、ダメージのキャップに、リンガーTシャツ、ローライズデニムだったんですね。しかもスッピン。
いってみればごくフツーのカッコでしょ。とりたててすごいということもない普段着です。
でもこのときのスタイルが、世の(僕から言わせれば、おばかな人たち)女性に受けたらしく、放送終了後に、TV局に問い合わせが殺到し、あのとき美恵子さんが着ていたものは、どこのブランド?いくらくらいのものですか?などといった電話がすごかったという話をしていました。
あのね…(^-^;...いくらそのときの美恵子さんが素敵に写ったからといって、同じものを着れば嬉しいのか?確かにファッション初心者は他人の真似をするとこからはいりますよ。それにしたってまったく同じものはなしにしようよ。大昔からこういう図式は今も変わってないんだけど、どうしてでしょうか?

そりゃ確かに美恵子さんは昔、今は廃刊になったマガジンハウスの”OLIVE”という雑誌で、モデルの経験もありますから、フツーのひとよりも少しは流行に敏感かもしれないし、着こなしも多少違うかもしれません。でもそれを猿真似して街中に出て行ってだよ、もしそのTVを見たひとが、みたらどう思われるか…恥ずかしいとは思わないでしょうか?
僕なら恥ずかしくて歩けませんよ。まだ雑誌のコーディネートを猿真似した方がマシです。

おまけにその時のコメンテーターだかリポーターのコメント、「あの帽子はわざと最初からボロボロにしてあるそうです。」
だってさ(^^;....

色々思いますが、服にさして興味の無い一般の人って、こんなものなのかもしれません。はーあ、こういうの聞くたびに、なんか理由わからないけどガックシ来るのはぼくだけでしょうかねぇ。




リサイクルは宅配買取サービスNO.1のネットオフ










クリックお願いいたします

   ↓
人気ブログランキングへ


職人

今日は、先日聞きかじった、アパレルに関係する職人さんたちの世界はどんなものか、お教えしようと思います。皆様にもなじみの深いドメスブランドは、殆どの場合、国内の工場に発注をだします。なぜならたいていの場合は小ロットの生産ですから、中国やアジアに発注を出せないわけです。最低ロットが大きいですから。
そして問題はその工場にも下請けの工場があるのですが、ロットが小さい上に値段もたたかれることが殆どですから、利益らしい利益は出ないというのが現状です。

けれども、その一方で、そういった場所でつくりこんだものを、適正価格ではなく、ブランドイメージという名目で、結構な高値で販売するブランドも多数あります。そして、その儲かったお金で、税金対策かなんかはわかりませんが、イベントやったりしてるわけです…
こういった下請工場には後を継ぐ人間は殆どの場合いません。なぜならそんな将来性のないことを誰もやりたがらないし、またやらせようという気もないのでしょう。

でもよーく考えてみてくださいよ、今はいいけど、あと10年経ったときに、こういう場所に発注をだしていたブランド経営者、先はありませんよ。だって後継者がいないんですから。自分で自分の首を絞めているのと同じことです。そうなってしまったら、大きいロットの商品しか世の中に流通しないことになります。つまり、小規模なドメスブランドは、殆ど運営不能になってしまうわけです。

こういう現象はなにもアパレルに限った話ではなく、特に日本の伝統工芸のような分野で顕著です。なにしろ以前ドキュメントでみましたが、手書きの茶碗の卸値が一個14円という話でした…時代遅れと言われればそれまでかもしれませんが、こういう火を消してしまっていいのでしょうか?絶対に残さなくてはいけないものじゃないですかね。無駄な税金のつかいかたしてるくらいなら、こういう分野に、補助金をだしてあげるべきです。

なんかこういう現実に直面すると、世の中矛盾だらけのような気がして商売そのもの(というよりも資本主義経済)がやんなることがあります。
結局、自分たちの周りを変えていく努力くらいしかできないのでしょうかね。構造そのものは、すべて変えられるわけではないですからね。それしかないと思いますね。














クリックお願いいたします

   ↓
人気ブログランキングへ

事故その後の復活スクーター

DSC09796
DSC09797

以前バイク事故やらかしてその後です。コツコツと直してようやくご覧のような状態にまで、復活してきました。
しかしながら、転倒した右側のカバーやら、トランクボックスの傷は、事故の激しさを物語ってます…すんごいスリ傷ですよね。多分70~80kmで、転倒していますから…よく生きていたものです(^-^)体の傷も、ほぼ完治しました。歯医者だけはまだ通ってますが。恐らくあのスリップダウンはタイヤの磨耗にも一因があると思います。

僕がいつもお世話になってるバイク屋さんのメカニックの方なんか、すんごいのを2回やっているという話でした。体の各部に、いまだに金属がはいっているらしいです(^-^;...
そんな話を聞きながら「よくまだバイクに乗ってますね」というと「いやそれが直って、半年くらい経つと、事故の恐さって忘れるんすよ。気をつけたほうがいいっすよ。」確かに…その後のほうが、こっぴどい事故やらかしそうな気がします。
さすがにあの事故の後は、このクソ暑いのに、一回も半袖は着ていません。でも、その方が涼しいということにも気がつきました。嘘みたいでしょ。だまされたと思って、やってみてください。肌がジリジリ焼けるよりも、涼しいんですよ。

多分もう半袖で乗ることはないでしょうね。皮膚移植なんて、考えただけでぞっとします。


















クリックお願いいたします

   ↓
人気ブログランキングへ

動物という存在

c71

僕は、何を隠そう、小さい頃からの、猫オタです。理由はわかりません。小さい頃、うちの実家には、犬も猫もいました。が、断然猫をかわいがっていました。

猫って死ぬ姿を人に見せないって言うじゃないですか。例外にもれず、うちで飼っていた歴代のアカトラもいつのまにかいなくなり、帰ってこないという死に方でした。あるとき、3匹目くらいのアカトラが、裏の垣根のところで、息絶えているのをみつけ、死後硬直で硬くなっている亡がらを抱きかかえて帰りました。当然母親には叱られましたよ。でもあんなところに放っておくことはできなかったんです。どうしてもつれて帰りたかった…
心残りなのは、引越しをする寸前まで、猫を飼っていたんですが、その最後の猫を、新居に連れて行くのはだめと、母親に言われ、元々すんでいた家に置き去りにしたんです。昼間はそこが両親の仕事場ですから、人がいて、餌もあげるんですが、運悪く夜に、もし帰ってきても誰もいないから、寂しかったんでしょうね。いつのまにかいなくなってしまいました。このことを今でも気にかけています。本当にかわいそうなことをしました。人間のエゴで、弱い立場の動物はいつも、被害をうけています。

サル山のサルもそうですし、熊も同じ。それから心無い人たちが捨てる、ペット達もそうです。責任もてないなら飼うなといいたい。犬種には流行がありますよね。今はチワワですか。でもその流行が過ぎ去り、次の犬種が流行ると、その流行らなくなった犬を捨て、新しい子犬を買うひとがたくさんいるようです。モノじゃないんだからさ…なにも感じないんでしょうか?不思議でなりません。

本当に好き勝手なことを今まで人間はしてきた。環境に対してもそうです。そのツケをもうすぐ払わされるときがきますよ。それもかなり近い将来だと思います。ものごとはすべて「自分の与えたものは、自分に帰ってくる」という法則に基づいていますから…



犬は知的にしつける










クリックお願いいたします

   ↓
人気ブログランキングへ


プロフィール

menmasensei

Author:menmasensei
日々の気づき、戯言、バイク、車、うちの愚猫共のネタや、自身の精神世界観を加え、更新していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。